医療事務資格を取ると決めたら

医療事務資格を取りたいと考えたなら、自分にとって最適な学習方法はどれか、一つ目に医療事務のどの資格を狙うのか。
次に、資格学習の時間はどの程度か。
加えて、お金は幾らくらい使うつもりなのか。この3つを基本として選んでいきましょう。

医療事務の試験は健康保険の制度等未経験者にとって難しい範囲もあるのですが、初めに難度の高くない資格を目標に通学や通信講座で学ぶなら試験勉強の勧め方を話してくれたり、ちょっとした質問もできるので心配することはないです。

完全な初心者は取り組みやすいレベルの資格を受けるのがよいでしょう。
たとえば、医療事務基礎検定試験、医療事務能力検定試験メディカルクラークなどでしょう。

医療事務の勤務先では”いじめ”が結構あると聞くこともありますが、男性がわずかでもいるときはイジメの発生する確率が低いきらいがあると聞きます。
男性職員がいることでイジメの加害者側は男性スタッフに悪く思われるのを嫌がるのだと思われます。

医療事務と言うと医療機関内では一番下に思う医師や看護師もおり、労務時間の把握にまで気を留められることが無いところもあります。
その上、大規模医院では古くからいるベテラン医療事務員の間で面倒な派閥間の争いなどもあるそうです。

医療事務として働きたいなら長く勤めたいところを是非アピールしましょう。
雇う側は多少でも長く仕事してくれる比較的若い人を優先して採用しようというのが本心なのです。

概して医療事務は年齢を気にせずに働きづつけることができる。様々な理由で長期間仕事をしていなかったとしても比較的容易に復職できる。主な職場が病院であり景気の影響を受けにくい。日本全国どこでも勤められる。という風にかなり続けやすい職業と言えます。

医療事務の資格に関しての広告には色々良いことが言われています。
・育児をしながらも仕事を続けられる。
・安定性だけでなく、将来性も十分!等 
医療事務資格はとったけれども、求人がみつからない。という問題は無いと考えてよいのでしょうか?

医院での正規雇用にこだわるあまり就活を続けるより、ともかく派遣の形で医療事務を経験する事もいい計画です。
なお、派遣の場合で社保に全て入る場合なら、給与引き以外の会社負担もあるため派遣先が支払う分の20%~30%減が普通だといえます。

医療事務の仕事をしたい人でPCを扱うのが不向きな人は、ちょっぴり基本の使い方だけをざっと覚えて面接に臨んでください。
初歩的なことが出来るようになれば「パソコンは得意です。」と自己PRしてもいいです。

就職先を見つけ出すのはハッキリいって困難です!
就労時間の都合をつけられる。
これから高齢化がますます進む中需要が増えている。
などの誘い文句でその気にさせられ、中年の女性もわんさか職探しを行っているからです。

しかしながら、医療事務の勉強をせずに病院の事務員として採用された人が、仕事に対する理解が不足していることを自分自身で痛感して、資格を取るといった例も増えてきています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする