医療事務の就職活動の実態

医療事務の仕事を見るけるのはタイミングにもよりますが、大変だと感じる人が多いでしょう。

医療事務の仕事は昔から女性に人気の仕事です。
パートやアルバイト勤務もあり時間もある程度自分の希望に合わせやすい。
これからも病院は景気や社会情勢に左右されずに、ずっと働き続けられる。
など、求人数に対して多くの応募者があつあることも珍しくありません。

医療事務の専門学校や、場合によっては通信教育でも就職サポートを行っているところがあります。

ですが、あくまでサポートであり就職を保証するわけではありません。
医療事務の資格を取っても、しっかりと自分自身で就職活動を行う必要があります。

未経験であっても資格に合格していれば、就職では有利に働きますので、自信を持って臨みましょう。

医療事務になるのに年齢は関係ある?

医療事務は年齢が高くなっても働き続けられる仕事ですが、未経験の場合はやはり30歳後半になると年齢がハンデになってしまうというのが実際です。

30代になって、医療事務未経験で医療事務資格を取ろうと考えている人は、家事や育児と両立できる仕事でないかと思って医療事務を希望する人が多いです。

ですが、実際には未経験で自分の望む条件にあった就職先はなかなか難しく、なんとか就職したとしても、思うように仕事ができず数か月で辞めてしまう人も少なくありません。

最初は覚悟を持って、長期的にやる気をもって働きたいこと。時間的にも融通をなるべくきかせることをしっかりアピールしてください。

雇う側の医療機関としては、将来的にも長く働いてくれる若い子の方が良いと考えています。

若い人には負けないようしっかりアピールする部分を考えて、面接に臨みましょう。

やっぱり医療事務になりたい!医療事務の魅力5選

魅力その1:医療事務といえばレセプト業務。これは日本全国どこであっても同じ計算方法ですので、一度理解してしまえばどこでも通用します。

魅力その2:医療事務は専門職であり、手に職をつけられます。

魅力その3:正社員、パート、アルバイト、期間アルバイト(レセプト時期のみ)など他の仕事に比べ働くスタイルを比較的自由に選びやすい。

魅力その4:経験を積めば、何歳になっても再就職しやすい。

魅力その5:高齢化社会に伴い医療施設が増えており、医療事務の需要も増えています。

もしあなたが職種に対して未経験、無資格(知識)であれば、医療事務に限らず最初は厳しいでしょう。
ですが、それを乗り越えれば医療事務は他の仕事よりもやりがいも安定もある仕事になると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする