医療事務の働き方

医療事務という仕事は正社員だけでなく、パートや派遣というように生活環境に合うような勤務形態をチョイスすることが可能となります。

医療事務があなたの生活スタイルに沿ってフルタイム勤務かパート勤務を選択が可能なことは大きな特徴です。

医療事務に関する資格の雑誌広告を確認すると多くの良いことが話されています。
・結婚後も継続しやすい。
・今後の高齢化社会において需要が増える仕事であり、将来性がバツグン!など 
医療事務資格は取ったのだけれども、就職できない。という問題はほぼ無いと思ってもよいのでしょうか?

医療事務の主な仕事はサービス業と言えるでしょう。
様々な不平不満や愚痴を言われるのは医療事務員なのです。何かと辛辣に言われることも多くあるため、気持ちを強く持って仕事に向かうことが大切です。

一般的に医療事務の仕事は年令を気にすることなく働きづつけることができる。出産などで仕事を辞めたとしても再就職しやすい。景気に影響されない。どの病院やクリニックでも勤めることができる。このようにとても続けやすい就労環境なのです。

医療事務員の状況はクリニックでは一番下っ端に扱う医者などもおり、仕事の量などのチェックまで注意をはらわれることがわずかなところもあります。
又、大規模医院では勤続が長い医療事務員の間で面白くもない権力争いもあるそうです。

医療事務という資格は各種民間団体が実施する医療事務に関連するとても多くの認定資格をまとめた呼び方です。
専門学校などを調べる際には、講座そのものの口コミや評判だけでなく、多くの資格のうちどれを目標に置いているのかを調べる必要があります。

患者さんの対応をする窓口は女性職員が受持ち、表に出てこない場所で男性事務員が働いたり、事務長は男性が従事する病院も少なくはないです。
本当に医療事務を目指す男のかたが結構増えているそうです。

医療事務技能審査試験の延べ受験者数は今迄に150万人以上にのぼり、医療事務の仕事への関心の高さが窺われます。
しかし、国家資格ではなく、「医療事務」という名称の資格が有るわけでもありません。

未経験、無資格の人が医療機関等で医療事務の仕事に就くという面では甚だ大変だと思います。
というわけで、医療事務関連の資格は無いよりも有るほうがいい、という訳です。

過去採用試験の際に、資格合格しているとアピールしたのですが、
「わかりました。ですが、経験やエクセル、ワードのスキルが大事なのです。」
とあっさり言い放たれました。

つまり、しょっちゅう募集をかけているところは就業環境が疑わしいのでさける方が良いといえます。
一方で、医療事務の就業先を見つけるにはタイミングや運も大きいといえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする